So-net無料ブログ作成
検索選択

エイプリル・フール [ラヂオ]

2006年ももう4月に入ってしまった。。。

今日は4月1日のエイプリル・フールだが、眠くて、しゃれたウソが思いつかないので、

今日のお題で、『エイプリル・フールといえば』

 

「エイプリル・フール」といえば、1969年の映画「幸せはパリで」を思い出す。

そもそも、この映画の原題が「The April Fools」だ。

                                           

ジャック・レモン演じるうだつの上がらない男とカトリーヌ・ドヌーブとのラブ・コメディ。怖いカミサンを捨てて、絶世の美女のもとへと走る、男のロマンというか見方によっては「火宅の人」系ストーリーだが、ダメ男と美女の組み合わせという点では「電車男」と共通点があるのかな。

なぜこれが印象深いかというと、この映画が制作された当時、主役のジャック・レモンの日本での声の吹き替えをしていたのが愛川欽也さんで、自分の番組でよくこの映画の話をしていたからだ。

71年頃、欽也さんはTBSラジオのパック・イン・ミュージック(水曜パック)のDJをしており、番組に「カトリーヌ・コーナー」を作ってしまうほど、この映画がお気に入りだった。

今考えれば、女性リスナーのラブレターをジャック・レモンになりきった欽也さんが読むという他愛のないコーナーであったが、ときどき、映画の主題歌もオンエアされた。

映画と同名の主題歌は、メロディーの美しいエバー・グリーンな名曲で、作曲は当時超売れっ子のバート・バカラック。彼の秘蔵っ子と呼ばれたディオンヌ・ワーウィックも歌っているが、私はサウンドトラックの(演奏者が思い出せない)美しい女性コーラスが好きだった。

当時は歌詞など気にせず、いい気持ちになって聴いていたが、今改めて読んでみるとロマンチック。

フワーッと天に上る感じのサビの部分、

♪Oh are we just April fools
 Who can't see all the danger around us
 If we're just April fools
 I don't care, true love has found us now

思い出すだけで、いい気分になる。

 

エイプリル・フールでもいいから・・・。


nice!(1)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 1

コメント 2

まめぞう

ワタクシ、自称バカラックの大ファンでございまして、レコード何枚も持っているのですが、恥ずかしながらこの映画はまだ見たこと無いんです。
リアルタイムで無かった事もあるのですが、レンタルビデオ屋で借りようと思ってもおいてある店、無いんです。(涙) 最近は往年の名画のDVDが手ごろな価格で再発売されてますから、出たら買おうと思ってますが・・・
火宅の人は見たんですけどね・・・^^; 奥さん役のいしだあゆみが最高でした。
ところで、改めて素敵な歌詞だったんですね。
今日四谷である女性に会うのですが、(仕事ですよ!本当!)エイプリルフールでもいいから、何か起きないかな?・・・起きるわけないってば!^^;
by まめぞう (2006-04-01 05:36) 

Cliff

おはようございます。
>四谷である女性に会うのですが
本当に仕事ですか? 
昼間なら天気がよさそうだし、お堀端の桜を見ても「雨にぬれても」の心配はなさそうだし、素敵なエイプリル・フールになるといいですね。^^
その頃、渋谷で怪しい中年男と話しているであろう私は一体・・・。
by Cliff (2006-04-01 06:57) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。
メッセージを送る