So-net無料ブログ作成

Perfume ⊿ [音楽]

いまさらのPerfumeで恥ずかしいのですが、
彼女たちの二枚目のオリジナルアルバム 「⊿(トライアングル)」を聴きました。
感想を書いておきましょう。

トライアングル(通常盤)  Perfumeは、いまやライブチケットをめぐり壮絶な争奪戦が起きるほどの超人気者ですが、テレビ出演が少ないこともあってか、昭和時代から生きているオヤジたちの認知度はまだまだ低いですね。

Perfumeは、
名前は知っているけど、ハロプロの延長のようなガキっぽいアイドルだろ?
チャカポコのテクノは生理的に受け付けない!
生歌じゃなければ歌じゃない!
こういうバイアスのかかりやすいアーティストだと思います。

私も、「近未来アイドル」とか聴いて、スターボーかよ!
とマイナーなアイドルを思い出しましたが、
ずっと、「な~んじゃこりゃ」と思っていましたよ。

ところが、最近は彼女たちの魅力にすっかりやられてしまいました。

今回のアルバム「⊿(トライアングル)」は、
彼女たちをデビューから支える、中田ヤスタカのプロデュース。
収録されている全曲が彼の作品です。

彼の音楽は「新しい」と表現されますが、
私には80年代の香りぷんぷんの音楽に聴こえます。

「Dream Fighter」や「ワンルーム・ディスコ」を最初に聞いた時は、週末に「ベストヒットUSA」を観ていた時代、ジェネシスの「Invisible Touch」の間奏やバグルスを思い出しました。
「Night Flight」は、いやでもYMOの「テクノポリス」を連想させるし、
「I still love U」なんか80年代の歌謡曲でしょ。

しかし、面白い。

彼の作る楽曲はテクノにしなくても、ポピュラーとして普通に聴ける美しいメロディーラインを持っているので、何度聴いても飽きません。

実験的なこともやっていますが、Perfume World 全開で、
ファンにはたまらないアルバムでしょうね。

結構、癖になります。

 

 

Perfumeの魅力は、音楽、ダンス、キャラと、大きく3つに分けられますかね。
音楽については、中田ヤスタカの作るメロディーも魅力ですが、
あの肩の力を抜いた歌い方がいいですね。
私の場合、SPEEDのように声を張り上げる歌より、こちらのほうが聴きやすいです。

声にエフェクトをかけ、コンピュータの音のようにしてしまうことに抵抗感のある人も多いようですが、楽器の音と捉えれば結構オヤジでも聴けます。

むしろ、日本語も楽器の音のようになり、
言葉の通じない外国人にも抵抗なく受け入れられる
普遍的な音楽になっているような気もしないでもありません。

二つ目の魅力はダンスですね。
振りつけといった方がいいでしょうかね。

私は、「セラミック・ガール」のインドの壁画のようなダンスを見て、
こりゃ面白い!と思いました。
「チョコレイト・ディスコ」では、歌詞の♪バレンタインが・・・のところで
指を2、1、4、とやる、あてぶりだったり、

Vogueなど、海外のファッション雑誌のモデルのポーズがつながっているようにみえるという人もいるし、とにかくユニークです。

3人の立ち位置を固定せず、頻繁に入れ替わりながら、それぞれ違う振りで踊ったかと思うと、ある瞬間にピタッとシンクロする。

カッコいいですね。

ちなみに、私は「ワンルーム・ディスコ」で後ろの二人がクルッと回って肩を「うふっ」と上げる振りつけが好きです。^^;


三つめの魅力は彼女たちのキャラクターです。

腰は低いが、言うことは言う。
わかりやすいです。

それに三人のバランスがいいですよね。
自由なあ~ちゃん、しっかり者のかしゆか、どちらかと言えばマイペースなのっち、と3人の性格はバラバラ。
一人がとりわけ目立つこともない。
歌、踊り、トーク、それぞれの足りない部分をお互いにカヴァーし、
うまく調和がとれている感じがします。



あ~ちゃんのトークは面白いです。

私のような古い人間は、やはり、キャンディーズと比較してしまいます。
髪型パッツンのかしゆかは、同じ猫タイプの蘭ちゃんを彷彿とさせますし、
のっちのショートカットや口元はミキちゃんかな?
多少無理やりですが・・・。

所属事務所の創設者がキャンディーズの元マネージャーというのも、
何かの縁があるのかもしれません。

いずれにしても、今が旬。
大関から横綱になれば、アンチが増えるし、
足を引っ張る輩が出てくるだろうし、
予定調和で扇情的なテレビの餌食にならないよう、うまく泳いでほしいですね。

娘のことのように心配になったりして。(笑)

娘と言えば、


Perfumeと同世代の私の娘から、
お父さんがPerfumeを好きなのは勝手だけど、語らないでくれ!
と、くぎを刺されていましたが・・・・

語ってしまいました。。。


nice!(4)  コメント(8)  トラックバック(1) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 4

コメント 8

Bang

ほほほ
釘を刺されましたか(^^;)
ベストヒットUSAは木曜深夜フジテレビか何かでやってますよ。
録画してみてます。
小林克也の趣味の音楽番組みたいになっちゃってますが、、、
by Bang (2009-07-09 01:09) 

Cliff

Bangさん、ありがとうございます。

ベストヒットUSAも全米TOP40も化石のように放送していますね。
私もときどき観ます。
ベストヒットUSAといえば、LPジャケットが流れるタイトルバック。
一度スローにして数えたことがありますが、100を越えたあたりからロケットが邪魔でよくわからなかった記憶があります。
克也さん、すっかりお爺ちゃんですが元気でいてほしいですね。^^

by Cliff (2009-07-09 22:21) 

がま親分

めっちゃ語りましたね。(爆)
私にはよくわかりませんが、なんか、よさそうに思えてきました。(笑)
by がま親分 (2009-07-09 23:07) 

Cliff

がま親分さん、こんばんは^^

まだ、この2倍くらい語れますが、
大分抑えました。どこが?
よくわからない、というのは、日本人の普通の反応だと思います。
押し付けはいたしません。(笑)
by Cliff (2009-07-09 23:36) 

Mashi☆Toshi

ちっちっち(^^Y

もうすでに、ライブについてまわる50代の「オッカケ」が話題になってますよ。(私じゃないですよ)
Cliffさん、遅れてるなあ…。(^^;


by Mashi☆Toshi (2009-07-12 20:14) 

Cliff

☆Mashi☆Toshiさん

>50代の追っかけ
いても不思議ではないと思います。^^

ただ、50過ぎたおっさんが、
「ポリリズム」で飛び跳ねるのはいいとしても、
「ジェニーはご機嫌ななめ」で
のっちー!とか、ゆかちゃーん!とか
叫ぶのはちょっとどうか・・・
と思います。
by Cliff (2009-07-12 21:58) 

ほうとうむすこ

ベストヒットUSAは、BS朝日で毎週火曜日放送してるのを時々見ております。
そのオンエアを木曜深夜だかに地上波でやってるんじゃなかったかな。
でも昔ほどしゃべりが軽快じゃない小林克也には、さすがに年を感じますね。

Perfumeはポリリズムでおやって思いましたね。
アルバム通して聴いてないけど、80年代テクノを意識した作りがまた微笑ましいというか。
ジューシーフルーツのカバーやってたり、そういう部分で狙ってるのかな。
テクノ以外での表現も見てみたいところです。
by ほうとうむすこ (2009-07-12 23:17) 

Cliff

☆ほうとうむすこさん、こんばんは

克也さん、一回休養しましたよね。
いつまでも、お元気で、あの名調子を続けてほしいですね。

中田ヤスタカは80年代を意識していますね。
新曲はWinkのヒット曲みたいだし。
当時の音楽と比べると、作りははるかに複雑ですが、
出来上がりはポップですね。
テクノ以外でもいい音楽を作れるでしょうね。
優れたメロディーメイカーだと思います。
by Cliff (2009-07-13 23:22) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 1

メッセージを送る