So-net無料ブログ作成
検索選択

小田原城 [街歩き]

小田原へ行ってきました。

010.jpg

訪問したのは、3月29日。
東京では、桜が見ごろになろうかという時期でした。

小田原城公園の桜もそろそろ・・・
と期待しましたが、少し早かった。

開花していましたが、まだ一分咲き、二分咲きあたり。

残念でした。

001.jpg

さて、写真は小田原城。

にわか知識で、
この城について書きとめておきましょう。

小田原城の前身は15世紀、大森氏が築いた山城。

城が拡張されたのは北条氏の居城になってから。

小田原は、関東を支配するためには欠かせない
戦略的に重要な土地。

それゆえ、常に各国の戦国武将に狙われ、
城主の北条氏は、防衛のため、拡張を重ね堅固な城にしていきました。

1561年、上杉謙信、

1569年、武田信玄、

両雄の攻撃に耐えた難攻不落の城は、
次の豊臣秀吉の攻撃に備え、さらに築造され、
周囲9kmに及ぶ、巨大な総構となりました。

しかし、1590年
豊臣秀吉との3カ月に及ぶ篭城戦の末に敗れ、

北条氏は滅亡。。。

002.jpg

江戸時代、小田原は徳川家康の領土となり、
家康の腹心 大久保忠世が治めることとなります。

大久保家が小田原の城主になってから
1703年に、元禄大地震が発生し天守と櫓が倒壊。

1706年に再建されるが、その後も地震により被害に遭ったあと
明治時代初期、政府によって大半が取り壊されてしまいました。

現在は城の施設の復元が進められているそうです。

こちらが、小田原城の正面玄関。馬出門です。

003.jpg

その名の通り。

門を入ってすぐ、馬屋曲輪につながっていることから、
この名前になっています。

復元されたのは平成21年。

まだ新しいです。

004.jpg

馬屋曲輪にある歴史建造物っぽいこの建物は
二の丸の観光案内所です。

昭和初期に立てられた洋風の建築物で、
復元された城内の施設より、ある意味貴重かも。

005.jpg

銅門(あかがねもん)は、
馬屋曲輪から二の丸とをつなぐ門。

二の丸の正門になります。
こちらは平成9年の復元です。

006.jpg

二の丸に入ると、緑が増えてきます。
本丸へとつながる赤い橋とのコントラストがきれい。

016.jpg


本丸の正門、常磐木門。

017.jpg

櫓を兼ねた立派な門です。
こちらは昭和46年に修復され、
現在の姿になっているとのことでした。

008.jpg


いよいよ天守のある本丸です。

本丸は徳川将軍が地方に出張するときの
将軍用のホテル、本丸御殿がありました。

現在の小田原城の天守は、昭和35年、
江戸時代の資料をもとに復興された、鉄筋コンクリートのビルです。

総床面積1822㎡、総瓦枚数63440枚、
総工費8000万円・・・ん、 8000万円
50年前の物価水準では、1億円以下だったことが意外。
(小田原城パンフ「相州小田原城より)

009.jpg

現地に到着したのが、8時台だったので、

9時の開門と同時に、一番で入場。

ギギギギギィ・・・

019s.jpg 020s.jpg

お城の天守は、
日本中どこへ行っても、大体博物館になっていますね。

当時使用されていた武具などが展示されているものですが、
小田原城もご多聞にもれず、
甲冑、刀剣、絵図など、数百年前の貴重な資料が展示されています。

ちょっと面白かったのは、小田原提灯の由来です。

折り畳み式の画期的なアイデア商品で、
大雄山最乗寺のご神木の御利益ありのコンセプトが受け、

江戸時代の大ヒット商品になったとのことでした。

今なら発案者は大金持ち
提灯御殿と呼ばれる豪邸が建っていることでしょう。

023s.jpg 024s.jpg

あと、豊臣秀吉の小田原攻めの時の
北条氏に宛てた果たし状が展示されていまして、

これも興味深かったですね。

いちゃもんですよ。

021.jpg

天守の4階からの眺望。

秀吉が一夜城を築いたと云う石垣山や、
雄大な太平洋が一望です。

ああ天気がよければなぁ~

022.jpg

026.jpg


本丸の南にある報徳二宮神社にも寄ってみました。

011.jpg

ここに祀られているのは、江戸時代の偉人

ご存じ、二宮尊徳。

012s.jpg 015s.jpg

小学生には、二宮金次郎という名前の方がポピュラーです。

薪を担ぎながら勉学に精を出す姿は、
日本の教科書にものっている
勤勉な日本人の象徴ともいえる画ですが、

そもそもこの人、何をした人?

そう聴かれ、ちゃんと答えられる人は
おそらく私の周りにはいないでしょう。

wikipediaで勉強しましょう。

⇒  二宮尊徳 

014.jpg


城郭を出て、

宿場町 小田原ををぶらぶらと歩いてみました。

時代感のある美術品店と、外郎博物館

027s.jpg 029s.jpg


交通量が多い、殺風景な東海道

028.jpg


かつて、東海道の宿場町として栄えた旧市街

030s.jpg 031s.jpg


小田原宿なりわい交流館

033.jpg


海は市街地から歩いてすぐです。

034.jpg

高い堤防の上を走る西湘バイパスをくぐれば、
太平洋が広がっています。

035.jpg


訪れた時間が午前中だったということもあり、
開いている店はまばらでしたが、
やはり、地方都市にありがちな
商店街の寂れ感が漂っていました。

しかし、小田原駅前のにぎわいとは違う
昭和時代の雰囲気。

嫌いじゃないです。

036.jpg

そして、駅前のお土産屋ではなく、

この界隈の小さなお店でおみやげに買った

かまぼこが美味しかった。

032s.jpg IMG_3556 (2) (250x250).jpg
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。
メッセージを送る