So-net無料ブログ作成

清水へ行く [旅行]

清水へ行ってきました。

2009102549.jpg

サッカー観戦のついでに、ミニ観光もしてしまえ、
ということで、清水の町を歩きました。

かつての清水市も静岡と合併して、今は静岡市清水区ですね。

あまり下調べをしていなかったので、
行き当たりばったりのぶらり散歩になりました。


こだまに乗り、静岡駅に到着したのが朝9時30分。

このままJRで清水へ移動したのでは面白くないと思い、
新静岡から新清水まで、静岡電鉄に乗ることにしました。

2009102562.jpg

続きを読む


nice!(1)  コメント(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

悲しくてやりきれない [音楽]

ショッキングな訃報が入ってきました。

元フォーク・クルセダーズの加藤和彦さんが亡くなるとは。
ニュースを見て、思わず絶句しました。

私は小学生のとき、
「帰ってきたヨッパライ」のレコードがほしくてほしくて、
親に頼んでレコード屋に予約してもらい、
あのドーナツ盤を擦り切れるほど聴きました。

当時、フォークルがメインの「メイト7」というテレビ番組がありました。
司会が前田武彦。
アシスタントはヒッピーのファッションの大原麗子でした。

彼らのオリジナル曲を紹介する「今月の歌」のコーナーがありました。
「さすらいのヨッパライ」や「花のかおりに」、
哀しい歌詞の「オーブル街」も歌っていたと思います。

「イムジン河」が政治的理由で発売中止になり、
代わりに、「悲しくてやりきれない」が生み出され・・・

そう、こんなニュースは聴きたくなかった。

ホント!

悲しくて悲しくて とてもやりきれない!!

自殺ということですが、一体何があったのでしょうか?

何も死ぬことはないのに。

時間を戻してくれと、タイムマシンにお願いしたいくらいです。
ショックです。

謹んでご冥福をお祈りいたします。


nice!(0)  コメント(10)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

Perfume  直角二等辺三角形TOUR [音楽]

今週は、横浜アリーナでPerfumeのライブを観ました。 
アルバム「⊿(トライアングル)」の発売を受け、
8月から全国を回っている「直角二等辺三角形TOUR」への参戦です。

2009101402.jpg

きっと、客層は若い人ばかりで、場違いになるのではないか
そう心配し、娘に付き合ってもらいました。
娘の保護者のふりをして、実は娘に保護されているという
いつものパターンです。

開場前、外ではPerfumeなりきりの女子たちが記念撮影をしていて、
その風景がほほえましかったのですが、
まだなんとなく居心地が悪い。

2009101401.jpg

入場してからも、私たち親子は上層のスタンド席に陣取り、眼下を動く観客を観察しながら、

「あのテッペンの薄い人は俺より年上じゃないか?」

「いや、あの人は意外と若いよ。あの白髪の人が近いかもしれない」

など、
つい年配者を捜してしまいました。

客層は、見たところやはり若い男子中心ですが、
親子連れ、夫婦などバラエティに富んでいました。

特に、女性アイドルなのに、女性の観客が多いことにびっくりしました。

ライブの模様については、
まだツアーが続いているのでくわしくは触れませんが、

時間が経つのを忘れる楽しいライブでした。

音が悪く、声が割れてしまうのが残念でしたが、
三人合わさるとオーラが出るダンスを堪能できました。

面白いと定評のあるMCも期待通りでした。
彼女たちは、10000人相手に、町内イベントのような客いじりをしますね。
悪く言えば、グダグダのダ~ラダラ。
ただ、それが微笑ましく、かえって客席との距離を縮めているように感じられました。

この手の「アイドル」と呼ばれる人たちのライブは、
フリや掛け声など約束事が多いものですが、

「隣の人見て適当にやっていればいいから」

という あ~ちゃんのオープンな性格は好感が持てるし、
弱冠20歳だというのに、
すでに大物感が漂っています。

比較的クールに観ていたつもりですが、
最後はお約束の、腕を 上下上上下上下下 とやって
しっかり筋肉痛になりました。

信者の領域に入ってしまったかもしれません。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

ミュージックスカイホリデー レギュラー番組化 [ラヂオ]

滝良子さんのミュージックスカイホリデーが、
レギュラー番組として復活しました。

2年前から、不定期で放送されていましたが、
今回、野球のオフシーズンの間だけレギュラー化だそうです。

毎週土曜日 6時スタート。

滝良子のミュージックスカイホリデー

今日、10月10日、第一回目の放送がありました。

そらまめさんの声を聴くと、優しい気持ちになれますね。

お便りを紹介しながらの進行は、昔の深夜放送と変わらないし、
今回オンエアされた曲も、豊島たづみの「とまどいトワイライト」など
懐かしかったです。

ただ、懐かしいという想いだけでは限界があると思うので、
2009年の新しい番組として、
新しい歌も紹介しながら、ずっと続いてほしいですね。

それにしても、番組が復活したその同じ時間帯に、
テレビの「報道特集NEXT」で、
JALの再建問題を特集していたのは、なんとも皮肉に思えました。
時代が変わりましたね。

ANAにはがんばってもらわなければいけません。

 

※番組復活をお知らせくださったERカーターさん、ありがとうございました。

[過去の関連記事]

そらまめパック
http://cliff-pinder.blog.so-net.ne.jp/2007-02-10

そらまめさんと一夜限りのテイクオフ
http://cliff-pinder.blog.so-net.ne.jp/2007-02-25


ミュージックスカイホリデー2009
http://cliff-pinder.blog.so-net.ne.jp/2009-02-21

ミュージックスカイホリデー2009 その2
http://cliff-pinder.blog.so-net.ne.jp/2009-06-12


nice!(0)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

面影橋から [音楽]

最近、WOWOWと契約しまして、
元を取ろうといろいろ観ていたら、

この夏、味の素スタジアムで開催された
エイベックスのライブの中継録画で、
頭を下げる小室哲哉の姿が・・・。

小室といえば、小室哲哉じゃなくて小室等だよな、とか
つまらないことを考えました。

小室等と六文銭

1970年代、ラジオの公開番組の常連でしたね。

サーカスゲーム」 「面影橋から

が印象的でした。


ちなみに、写真のここが面影橋。

omokage06.jpg

「面影橋から」は、六文銭の及川恒平氏の作品。

東京育ちの私は、当時、神田川にかかる橋の歌だと思っていました。

面影橋という都電の駅もありました。

とういうか、今もあります。

omokage01.jpg

しかし、「面影橋から天満橋」という歌詞の「天満」から
大阪の歌だと思っていた方も多いようですね。

以前、及川氏か小室氏か忘れましたが、
特に何処だと場所が決まった歌ではないと、
ラジオの番組で語っていた記憶があります。


東京の面影橋は、神田川の中流、
古くから江戸川の桜として知られた
お花見の名所に架かっています。

omokage04.jpg

橋の名の由来は、新宿区の解説によれば、
 
在原業平が鏡のような水面に姿を映した

鷹狩の鷹をこのあたりで見つけた将軍家光がそう名付けた

於戸姫という女性が水面に身を投げたときに歌った和歌から名づけられた。


諸説あるそうです。

omokage03.jpg

面影橋は何の変哲もない橋ですが、

ここから目白台方面へ歩くと、情緒のあるいい坂があるし、

細川家の庭園だった自然の豊かな公園もあります。

お薦めのお散歩コースですね。

omokage08.jpg


nice!(1)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

落選 [雑感]

2016年のオリンピック招致で東京が落選。
ほとんどの都民は、
”ガッカリ”より”やっぱり”という感想ではないでしょうかね。

発表日直前の、マスコミの盛り上げ方も違和感がありました。
きっと、東京都の職員の方がたくさん駆り出されたんだろうな、
くらいの感覚でニュースを見ていました。

そもそも

2008年の北京五輪からわずか8年で
再びアジアで開催すること自体大きなハンデなわけで、
そりゃあ、「初の南米開催」をアピールしたリオの方が説得力がありますわな。

金の問題にしても、
招致に多額の資金が必要ということはわかりきっていたはずで、
いまさら勉強不足などと言い訳をしてほしくないです。
大阪と名古屋で過去2回招致に失敗していたわけだし、
経験不足とは言わせません。

要は、150億円では足りなかった、
ということなのでしょうか?
最初から競争入札にしてくれれば、
無駄な金を使わずに済んだでしょうけど、
それでは”大人”のIOC委員たちにとって五輪が美味しくない。

監査をすると言うけれど、
どうせ、不愉快な内訳に決まっています。


東京でオリンピックを開催できれば、日本中で盛り上がるでしょう。
でも、なぜオリンピックでなければいけないのか?
国体を見直して、競技別の国内最高の大会を一度に開催するとか、
地域対抗の仕組みにして盛り上げるとか、

オリンピックに頼らなくてもいいアイデアがほかにないのでしょうか?


nice!(1)  コメント(8)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感
メッセージを送る