So-net無料ブログ作成

2011年 あっちゅ~ま [雑感]

この記事をアップしようとしている時点で、
2011年もあと残り14時間になりました。

なんか、1年があっちゅ~ま。

2011123007.jpg

3月11日の東日本大震災発生以来
非日常のまま今日が一気にやって来てしまった感じがします。

私の場合、3月11日から2011年が始まったかのような錯覚がありまして、
これが、今年が短く感じる原因ではないかと思っています。 

ちなみに、
1月1日から3月10日までの出来事を覚えていますか?

政治の世界では、小沢一郎元代表の強制起訴、
前原外相の政治資金規正法違反の問題 etc

スポーツでは、サッカー日本代表が4度目のアジア王者に。
韓国、豪州と激闘の末、手に入れたカップでした。

しかし、

いずれも遠い過去の出来事のように感じられませんか?

2011123010.jpg


政治の方は与党民主党の迷走。

震災以後、リーダーシップを発揮できれば、
評価が劇的に変わったのかもしれませんが、残念!

モタモタして、ダイナミズムがないし、
何よりも腹が立つのは、潔さがないこと。
むしろ、評価を下げてしまいました。

2011123005.jpg

民主党を批判する自民党も同類ですね。

テレビ討論で見る、”自分たちの責任は棚上げ”攻撃とか、
いいかげんにしてくれ!まず過去の反省しろ!
と言いたくなりました。
特にK女史、逆効果になっているというのがわからないのかなあ?

いずれにしても、
有事に政局で走り回る政治家たちの姿にはもううんざりです。

政治が信用できない。

やっぱり、自分の頭で考え、自分で行動しないといけない。

当たり前のことを、痛感させられた1年でした。

そんな状況だから、
なでしこの闘いぶりに、必要以上に感動させられてしまったのでしょうね。

スポーツは未だになでしこ一色です。

2011123002.jpg 

来年、2012年はどうなりますかねぇ。

まずは、古い人間たちが
制度も考え方もどんどん新しくする。
痛みが伴っても変えていくんだ、という覚悟を強くもたないといけませんね。

自分を守ることばかりに没頭せず、
20年後、30年後、子供たちの時代に
日本が暮らしやすい国にするためには、何をすべきか、
もっと、考えて行動しないといけませんね。

原発の問題もそう。
安全の問題ばかりがクローズアップされるけど、
原子力発電所が安全に閉鎖されるまでの長い期間のコストなど
経済問題として議論すべきです。
その方が意見がまとまりやすいはずです。

カダフィも、金正日もいなくなりました。
古い価値観にもうしがみついていられないのに、変われない。

どうなっちゃうんだろう?

2011123011-2.jpg


と、こんな感じで

いつも能天気な事ばかり、書いているブログですが、
一年の最後は、すこし分不相応な内容になってしまいました。


とりあえず、今夜は紅白歌合戦を観て、

元旦は初詣をして、

FC東京の天皇杯優勝をTVで確認して

何もなかったかのように、2012年が始まるのでしょう。


今年1年、訪問してくださいまして、ありがとうございました。m(__)m

このブログをご覧になった方の2012年が
2011年よりいい年になりますよう、心から祈っております。

よいお年を!

0008.jpg


nice!(0)  コメント(3)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

神田川のカワセミ [自然]

激動の2011年も残り3日となりました。

今日29日の星占いは最悪。

残り少ない2011年の朝陽でも見に行こうかと
寒い中、神田川方面へ散歩に出ました。

    2011122906.jpg

真上は雲ひとつありませんが、
東の地平線方向が曇に覆われ、
残念ながら、きれいな朝焼け、きれいな朝日は観賞できませんでした。

橋の上でガッカリしていると、

通りがけのお年寄りがこっちへおいでと手を振っている。
何事かと近くまで行くと、

「カワセミがいるよ」

「あ!本当だ」

もっといいカメラ持ってくればよかった。。。。

2011122901.jpg

まだ周りが薄暗い中、
水辺で魚を狙っているところでした。

珍しい! かわいい!

占いは大外れ。

今日はほかにもこんな鳥たちが観られました。

2011122902.jpg

2011122904.jpg

2011122905.jpg

穏やかな冬の朝。

来年はどんな年になるのかな?

2011122907.jpg


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

2012年のカレンダーを見ると損した気分になる [雑感]

我が家ではトイレの扉の内側に
一枚カレンダーが貼られています。

先日、2011年も終わりということで、
2012年のカレンダーに貼り替えました。

で、便器に腰をかけて
改めて来年のカレンダーを観て・・・・

ええええええ!!!!

気づいてしまいましたよ。

もう、すでに気づかれた方もいらっしゃるでしょうね。

2012年は祝日と土曜日が重なる日が4日もあるのです。

土曜、日曜を休みとしている、
月給制の人々限定の話ではありますが、
損したような気分になる暦になっています。

ハッピーマンデーならぬ、ブルーサタデーが4日。

2月11日 建国記念日
5月5日  子供の日
9月22日 秋分の日
11月3日 文化の日

ちなみに2011年の祝日が土曜日になる日は
元旦、一日のみでした。

ついでに、①土曜、②日曜、③三箇日を含む土曜日曜以外の祝日の数を勘定してみますと、こうなります。

2011年 ①53 ②52 ③15 合計 120
2012年 ①52 ②53 ③12 合計 117

休みの日が3日少ない。

しかも、2012年は閏年だから、
2011年よりも労働日数が4日も増える?

いやいや、

このパターンの労働者の多くは、
12月28日が仕事納めではないですか?
そうだと仮定すると

2011年は、12月28日が水曜日だったから、29,30日は実質平日休みでした。

ところが、2012年の12月28日は金曜日。
29日、30日が土曜、日曜になり、実質の平日休みは31日のみなので、
さらに一日労働日数が増え、

都合、労働日数が5日も増えるんです!


え!? つまらない事言ってないで働けって?

そう、2012年はそういう年なんですね。きっと。


働きましょう。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

TBSラジオアーカイブ 思い出の番組 蔵出しスペシャル [ラヂオ]

クリスマスイブの深夜、午前1時から4時までの3時間。
TBSラジオで、「開局60周年記念 TBSラジオ思い出の番組蔵出しスペシャル」と題し、
パック・イン・ミュージックの音源が放送されました。

パック・イン・ミュージック。通称「パック」
1967年から15年間続いた、TBSラジオの深夜の看板番組です。

進行は宮内鎮雄さん
宮内さんは、1970年から約10年間、中断期間もありましたが、
パーソナリティーとして、長くパックの現場にいらっしゃった方の一人です。

当時と変わらない淡々とした語り口で、
金曜パックお題拝借、40年前の公開録音、パックの最終回特番など
音源がその時代の空気そのままの状態で流れました。

公開録音は69年のもので、
このころが、深夜放送ブームが一番過熱していた頃です。。

実は私は放送開始の25時には夢の中にいたので、
途中から聴きましたが、
それでも、ヤッコ・パック=遠藤泰子さんの40年前の声とか
懐かしかったですねぇ。

凄くいい番組でしたが、
TBSラジオのホームページにも、
「パックインミュージック」の文字はなかったし、
事前にあまり告知しなかったようなので、
聴き逃した方も多いのではないでしょうかね。

もったいない話です。

ところで、
番組の最後の宮内さんの、
パックインミュージックは”封印”
という言葉が気になりました。

パック・イン・ミュージックが放送終了してから来年で30年。
林美雄さん、野沢那智さんが亡くなり、
一慶さんも退場してしまったし、
関係者もみなさん歳を取ってしまいました。

潜在的な人気はあっても、扱いづらい題材なのでしょうか?
TBSラジオにとって、パックは鬼っ子のようになってしまったのかもしれませんね?

もう、パック以外の番組が30年間放送されたし、
いまの限られたタイムテーブルで、
パックの音源を流せる時間はもうないのかもしれませんね。

ならば、パックの音源が、埋もれない方法でも考えてほしいです。
広告収入がTBSに一部入ることを条件でもいいから、
リスナーが保存している音源をYouTubeなどにアップするのを自由にするとか、
懐かしい音源が気兼ねなく投稿できる場を作るとか、
何かいい方法はないものでしょうかね。

お宝状態で封印、というのは勘弁してほしいなと思いました。


パックメイトにとって、ラストテーマはこのメロディー

DON´T SLEEP IN THE SUBWAY - Ronnie Aldrich

明日に続くんです。
いまも、遠藤泰子さんの声が聞こえてきます。


nice!(0)  コメント(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

南房総から見る富士山と夕日 2011 [自然]

房総半島の南端までドライブしてきました。

この季節、寒いんですけど
晴れた日には富士山を望むことができるので、
毎年、それを楽しみに訪れています。

0001.jpg

気温が上昇すると、海の上を水蒸気が覆ってしまうので
夏場はまず見られない。
富士山がくっきりと見られる日はなかなかないんです。

しかし、運が良ければ絶景になります。
過去にはこんな景色が観られました。

2009年
http://cliff-pinder.blog.so-net.ne.jp/2009-11-16

2008年
http://cliff-pinder.blog.so-net.ne.jp/2008-12-29

この日は、やや霞んでいたものの、
富士山の美しい姿と、
アルプスの白い峰もちょっぴりだけ観ることができました。
下の写真も富士山の右の方にチラッと見える白い部分がそうです。

0004.jpg

冬の夕日は、伊豆大島に沈みます。

0009.jpg


きれいでしょ?

0011.jpg


さて、このブログも、な~んと
8年目に突入しました。

始めたころは、まだブログが流行り出した時期でしたが、
その後、twitter、FACEBOOKなど、
SNSが新しいコミュニケーションの形となり、
ブログも流行遅れになってきた感がありますね。

世の中、変化が激しいです。

0012.jpg

2011年は東日本大震災があり、
精神的にも大きく揺さぶられた年でした。

個人的には、特に後半
時間的に、体力的に余裕がなくなってしまいまして
ブログを更新するのって、パワーが必要だなと
改めて感じた次第です。

0022.jpg

いつまで続けられるかわかりませんが、
来年も続ける予定です。

頭に浮かぶのは、
くだらない、どうでもいいことばかりなのですが、
気が向いたら覗いてくださいませ。

よろしくお願いいたします。

0015.jpg


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

いろいろなMOON [音楽]

12月10日の月食

空気が澄んでいたので、
東京からもよく観察することができました。

gesshoki.jpg

ということで、
最近は何かと多忙で、ご無沙汰気味のこのブログ。

久しぶりにちなみの歌を思い出してみましょうか。

月食ですと、そのものずばり
月食(Eclipse of moon)という曲があります。
演奏はREMOTE。いまは亡き池田貴族のバンドですが、
私は残念ながら、この歌は歌えません。

和英辞典をひくと、英語で「月食}にあたる一語の単語はなく、
an eclipse of the moon となるようですね。

”MOON”で、思い浮かぶ歌といえば、
ムーンリバー、ペーパームーン、ブルームーンあたりかな
古いですが・・・

ロック野郎なら、
The Whoのキース・ムーンが浮かびそうですが・・・これは人の名前。

CCR(クリーデンス・クリアウォーター・リバイバル)の 
「Bad Moon Rising」とか懐かしいです。

あとは、月と言えばやはり、キングクリムゾン。
名盤「クリムゾンキングの宮殿」が思い浮かびます。
タイトル曲の歌いだしが

♪The rusted chains of prison moons are shattered by the sun・・・

アルバムに収録されていた "Moonchild"も印象的でした。

そんなわけで、いろいろと月の歌を探してみましたが、
世に月をうたった歌はものすごく多いんですよねぇ。

そこで、絞り込んで、今回は”●●Moon”。
タイトルが”なんとかMoon”になっている歌を拾ってみました。

それにしても、いろいろな”Moon”がありますねぇ。
日本では、青いMoonが一番人気かな?

MOON   谷村 有美
15th Moon   嵐
ASIAN MOON   AB'S
AUGUST MOON   TUBE
azure moon   Every Little Thing
Baby moon    高橋 克典
BABY MOON   B'z
BABY MOON   山口 紗弥加
Baby Pink Moon   中山 美穂
Banana Moon   SPARKS GO GO
Banana moon   RYTHEM
BAYSIDE MOON   アースシェイカー
Believe Moon   相田 翔子
Bitter Moon    スノープリンス合唱団
Blue Moon   Elvis Presley
BLUE MOON   越中 睦
Blue Moon   後藤 邑子
Blue Moon   The Marcels
Blue Moon   Julie London
Blue Moon   John-Hoon
BLUE MOON   土屋 アンナ
BLUE MOON   BAAD
Blue Moon   PENICILLIN
Blue Moon   水樹 奈々
Blue Moon   Mel Torme
Blue Moon   RAG FAIR
Brilliant Moon ~月白炎~   佐藤 ひろ美
Cajun Moon   Dee C. Lee
Cool Moon   竹村 拓&中村 大樹
Crazy moon   中山 美穂
Crazy Moon ~キミ・ハ・ムテキ~   嵐
CRESCENT MOON   Die In Cries
Crescent Moon   DREAMS COME TRUE
CRESCENT MOON   中島 美嘉
CRESCENT MOON   riya
CRY MOON   川上つよしと彼のムードメイカーズ
CRYING MOON   ZYYG
crying moon   fripSide
Crystal Moon   shela
DAWN MOON   宇都宮 隆(T・UTU)
Day Moon ~ハルダル~   東方神起
daybreak moon   SCRIPT
DESERT MOON   谷山 浩子
DESERT MOON   PARIS MATCH
DIAMOND MOON   矢沢 永吉
DIRTY MOON   高橋 真梨子
distant moon   fripSide
DIZZY MOON   BUCK-TICK
Driver's Moon   SPARKLING JAMM BRAND
fictional moon   fripSide
Freeze Moon   尾崎 豊
Freeze Moon   MAKOTO
FULL MOON   安室 奈美恵
Full Moon   Sonata Arctica
full moon   LITTLE CURE
Garnet Moon   島谷 ひとみ
girlish MOON   GLAY
Golden Moon   Jacy
Graprfruite Moon   Tom Waits
HALF MOON   緒方 恵美
HALF MOON   class
Half Moon   研 ナオコ
HALF MOON   谷村 有美
Half Moon   TUBE
Half Moon   渡辺 美里
Half-moon   鈴村 健一
Harvest Moon   近藤 真彦
HARVEST MOON   島谷 ひとみ
Harvest Moon   PEARL
Honey Moon   神山 さやか
Honey Moon   田村 ゆかり
Hysteric Moon   Janne Da Arc
La Moon   9戦士
LADY MOON   ZYYG
LAZY MOON   郷 ひろみ
Lonely Moon   小川 真奈(キャナァーリ倶楽部)
LOST MOON   SOUND HOLIC feat.Shihori
Lover's Moon   東野 純直
Marquee Moon    The Television
METAL MOON   tiaraway
Midnight Moon   福山 潤
Miracle Moon   新谷 さなえ(Sana)
MISTER MOON   the brilliant green
Moonchild   BENNIE K
MOTHER MOON   鈴木 聖美
Mr.Moon   Mando Diao
Mr.Shining Moon   Mr.Children
Neo Moon   ClariS
noon moon   中山 美穂
One Moon   小泉 今日子
Orange Moon   aika
PAPER MOON   Spin Aqua
Paper Moon   NAO
(It's Only A)Paper Moon   Nat King Cole
PAPER MOON   PERSONZ
PAPERMOON   Tommy heavenly6
Pearl Moon    倖田 來未
RADIANCE MOON   相川 七瀬
Red Hot Moon   Rancid
red moon   Kalafina
Rose Moon    ALI PROJECT
September Blue Moon   松任谷 由実
SEPTEMBER MOON   矢沢 永吉
SEVENTH MOON   Fire Bomber
Shining Moon   國府田 マリ子
shiny moon    関 俊彦&保志 総一郎&平田 広明
SILENT MOON   HIRO☆TAKAMI
Silver Moon   Michael Nesmith & The First National Band
SILVER MOON   LINDBERG
Sister Moon   スティング
SISTER MOON   DerZibet
STRAWBERRY MOON   CASCADE
SukiSuki☆Moon   PoppinS
The Blue Moon   TERRA(MintJam)
The Killing Moon   Echo & The Bunnymen
Twilight Moon   SILVA
Two Moons    釘宮 理恵
TWO MOONS   槇原 敬之
Velvet moon   相川 七瀬
Violet Moon   ポケット・ビスケッツ
Virgin Moon   吉川 晃司
Virginia Moon   The Foo Fighters featuring Norah Jones
Walkin'Moon   Jackson vibe
Wednesday Moon   徳永 英明
WILD MOON   VANILLA
WINTER MOON   Angelo
Winter Moon   にしん
Winter Moon   NEWS
Yellow Moon   Akeboshi
Yellow Moon   GARNET CROW
永遠のFULL MOON   山下 達郎
涙のPEARLMOON   西田 ひかる


東京事変 LIVE TOUR 2011 DISCOVERY [音楽]

9月30日府中の森から始まった東京事変のライブツアー
”東京事変 LIVE TOUR 2011 DISCOVERY”
12月1日の東京国際フォーラムの公演へ行ってきました。

001.jpg

アルバム「大発見」のリリースを受けてのツアーということで、
セットリストには、アルバムに収録された14曲に加え、
お馴染みの「群青日和」「閃光少女」など20数曲が並びました。

この日の東京は気温がグッと下がり、
寒風の中並ぶのがいやだったので、
ゆっくりと温まってから会場へ向かいました。

東京フォーラムへ到着したときには、
もうグッズ売り場は大混雑。
買おうと思っていたフラッグは、長い行列ができていたので諦めました。

さて、ライブは・・・

オープニングは、「天国へようこそ」

スクリーンに白い物体が落下して破裂する映像が映し出され、
その向こうに東京事変の5人が現われて演奏。
二次元的で面白い。
ほんとうに天国へ来たような気分・・・
というのは少し言いすぎかもしれませんが、
開始から心地よい刺激が脳に伝わりましたよ。

左を向く林檎独特の立ち姿
「女の子はだれでも」ではボブカットでピンク色の衣装に身を包みゴージャス。
もぉ~、かっこいいのなんのって。。。

ビジュアル面の演出は素晴らしかったです。

そんな林檎ワールドに
ライブ開始からしばらくは、感動しまくっていましたが、
後半は少し辛くなりました。楽器のボリュームが大き過ぎです。

国際フォーラムでの東京事変ライブは、
昨年も足を運びましたが、もっと、楽器と声のバランスが良かった。

今回は歌声が楽器の音に負けてしまい、
林檎節を堪能できなかったです。
歌詞が全く聴きとれないし、残念でした。

演奏した曲目のタイプが違うというこことが一番の理由でしょうかね。昨年リリースされた「スポーツ」は、
ポップで聴きやすいアルバムでしたが、
「大発見」は全般的にハードで難解。とっつきにくさがあります。

信者レベルのファンにはご利益があるかもしれませんが。一見さんは...
私は、「スポーツ」の方が好みです。

途中、客席に強い光を浴びせる場面があって、
近くに気分が悪くなり、座ってしまった人がいました。あれもパワーが強すぎると感じました。

そんなこんなで、2時間ぶっ通しで立っているのは正直辛かったです。

でも、椎名林檎はかっこいい!! 改めてそう感じました。

002.jpg


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽
メッセージを送る