So-net無料ブログ作成
検索選択

全柔連にあきれています [雑感]

「全柔連は園田監督が反省していることを考慮し、交代させない方針」

柔道女子の日本代表の強化合宿で、
選手15人が、監督などから暴力行為などがあったとしてJOCに告発した問題で
全柔連は上記の結論となったそうです。

正直あきれています。

一人の選手の甘ったれの主張ではなく、
15人もの選手が「ひどい」と言っているんでしょ?


中にはPTSDになっている選手もいるかもしれないのに、、
被害を受けた選手たちからのヒアリングも
ろくにしていないらしいです。

加害者の監督を戒告処分で、現職はそのまま続けさせる、
本人は十分反省しているし、
いずれ選手とのわだかまりが消えるだろう???

甘いですよ。

普通の会社で、ひどいパワハラ問題が発生したときは、
双方の話をよく聴き、事実関係を確認する。

もしも、被害者の申し立てが事実なら、
加害者は懲戒処分。内容がひどければ退職。

いずれにせよ、どちらかを異動させ、
同じメンバーで続けるなんてありえません。

確かにパワハラの場合、ハラスメントと指導との境界線がどこか難しいです。
仕事に対する情熱が行き過ぎた行為に及ぶということはよくありますが、
大体が逆効果。いい結果が出ることはまずないです。

ロンドン五輪のとき、
女子柔道の選手たちの表情の暗さが気になりましたが、
背景にこんな問題があったんですね。

しかし、この話はパワハラというレベルではないのかもしれません。
実際に、ひどい暴力行為があったのならば、
それはパワハラという以前に「犯罪」。

最近、メディアからよく「体罰」という言葉が聴こえてきますが、
それぞれの問題とされた行為が「犯罪」に当るのかどうか
そこに着目すべきで、

手で軽く尻をたたく行為も、ボコボコに殴る行為も
「体罰」という一つの言葉でくくってしまい、
その言葉に意味を持たせようとする報道には
強い違和感を覚えます。

いずれにしても、今回の問題。
日本の柔道が近代化するいい機会なのではないでしょうか?


レ・ミゼラブル [映画]

新年最初の映画鑑賞は、「レ・ミゼラブル」でした。

泣かされてしまいましたよ。

2012年公開の、トムフーパー監督のミュージカル映画
最初は「え!全編歌?」と、面喰う部分がありますが、
すぐに「レ・ミゼラブル」ワールドに引き込まれてしまいます。

わが家の女性陣は、
ジャン・バルジャンを演じたヒュー・ジャックマンがカッコイイ、
アン・ハサウェイって歌うまいね、
そもそもなんでパンを盗んだくらいで19年も囚人になるのよ?

いろいろ感想を言っていましたが、

私は何といってもラッセル・クロウの存在感
彼が演じるジャベールが効いていましたね。

ジャベールは、不条理な法律の権化として
ジャン・バルジャンを追いつめていくわけですが、
修道院の屋根の上、橋の欄干の上を歩くシーンは面白かったです。
もちろん、ジャベールの心の迷い、運命の選択を意味しているわけですが、
単純に「あぶねぇだろ」と。(笑)

観賞後、このミュージカルで一番有名な歌「夢やぶれて」について、
オーディション番組でこの歌を歌ってサプライズを起したあの女性は誰だったっけ?
という話題になりまして、

私も奥さんも一緒に観た娘も
「ああ顔が浮かぶけど名前が出てこない」
と、しばらく思い出せませんでした。

このブログに迷い込んだあなた。
パッと名前が出てきますか?
紅白歌合戦にも出演したイギリス人女性です。

さて、オヤジ的には、もう一つ気になったことがありました。

このヴィクトル・ユゴー作「レ・ミゼラブル」
古い日本人には 「ああ無情」というタイトルでお馴染みです。
小学校の図書室にもありましたよね。

小さい頃、
この物語の舞台を日本に置き代えたドラマがありました。

もう記憶が薄れてしまいましたが、

主役が三船敏郎・・・・だったかなぁ?
名前がジャンバルジャンではなく、春吉とかそんな感じで

盗んだのもパンではなくさつま芋

Wikipedeiaにも記録がないので、
よくわかりません。

私は最後まで観た記憶がないのですが、
どなたか憶えていらっしゃらないでしょうかねえ?


静岡と浜松は遠い?近い? [旅行]

静岡と浜松って同じ静岡県の都市ですが
離れているイメージがありますよね。

東海道新幹線に乗っていても、
静岡駅から浜松駅まで結構距離があると感じます。

実際の静岡駅と浜松駅の間の距離は71.5㎞あるそうです。
クルマで移動しても1時間ほどかかります。

静岡市と浜松市の間には
東から藤枝、島田、掛川、袋井、磐田と
市が5つもあります。

ところが、先日静岡県の地図を見ながら思ったのですが、

静岡市は、葵区が巨大で南アルプス方向に大きく広がっています。
一方の浜松市も天龍区が大きく北へ伸びているため
山岳地帯では、両市がかなり接近しているんですね。

正確な距離はわかりませんが、
直線距離で10㎞くらいではないでしょうか。

地図をジッと見ていると、
両市に挟まれた川根本町は
ケンカの仲裁をしている西洋おばけに見えてきます。

002.jpg

 


初詣とスカルプDな寝正月 [出来事]

2013年が始まりました。

今年も元旦は根津の権現さんに初詣。
早い時間でしたが、
すでに長い行列ができていました。

どんな年になるのでしょうか。
2012年は、ドタバタしながら
あっという間に1年が終わってしまった感じでした。
今年はもう少し、
気持ちに余裕をもって過ごしたいものです。 

で、おみくじ引きました。

うちの奥さんは、ありゃま凶。
私は末吉。

末吉ならまあいいじゃないかと思ったのですが、
運勢を読んでみたら

003.jpg

災い多く何事も思うに任さず心痛すること多し・・・

願い事 心配多くして其功すくなく急ぐべからず
旅行 盗難に用心せよ
商法 売買共に利少なし
争事 自ら言うて負け
病気 重し医師を選べ

なんだよ。この内容は実質 凶 じゃん。

凶だったうちの奥さんの運勢の方がまだ前向き。
正月からやや落ち込んでしまいました。

005.jpg 004.jpg

健康に気を配り、地に足をつけて毎日を過ごせ
ということなんでしょうね。

前向きに捉えましょう。

それにしても、このお正月、
典型的な寝正月でしたが、
やたらスカルプDのCMが流れていましたね。

♪さあ立ちあがれ髪の毛たちよ~

もう、頭にこびりついてしまいました。

メッシまで御奉公ですか?これがほんとの・・・
いずれにしてもインパクト大
いったい、いくら広告宣伝費に使っているのだろう?

とか、

スカルプDな2013年のお正月です。

002.jpg


2012年の紅白歌合戦の感想など [テレビ]

あけましておめでとうございます。

2013年になってしまいました。
平成時代は、もう25年ですよ。
いやになっちゃいます。

どんな年になるんでしょうかねぇ。
この雑駁なブログも9年目。
とりあえず、今年も続く予定です。
どうかよろしくお願いいたします。m(__)m


さて、昨夜の紅白歌合戦。

我が家では大晦日になると、
一人暮らしをしている娘も家に帰ってきて
親子4人でぶつくさ言いながら、
紅白ウォッチングをするのが恒例になっています。

例によって、感想でも書き記しておきましょう。

2012年に売れた曲は、AKB系とジャニーズ系ばかり。
これという新鮮な曲もなく、当初は期待感が薄かったですが、
さすがは紅白歌合戦!!

やっぱり、観てよかったです。
ツッコミどころもたくさんありました。

以下は、ある小市民一家で交わされた会話の一部です。
全く社会的影響力はありませんので、
気に食わない部分があっても、目くじらをお立てにならないよう
くれぐれもよろしくお願いいたします。

第63回 紅白歌合戦
2012年12月31日 19:15~23:45

★浜崎あゆみ 2012SPECIALメドレー
「声が出てないね」
「たばこ吸っているんじゃないの?」
「カモン!とか言わないでほしいね」
「ステージはマドンナを意識しているのかなぁ」

★NYC NYC紅白メドレー
「Hey! Say! Jump でなぜ出ないの」
「一番左の子が違うからじゃない」

娘たちはアイドル事情にやたらと詳しい

★SKE48 パラオはエメラルド
「バレーを踊ってるぞ」
「SKEはAKBより身体能力が高いんだよ。」
「バック転だ、ももクロ潰しじゃないの?」
「そうかも」

★ゴールデンボンバー 女々しくて
「うわっ!客席がみんなお面つけている」
「お金かかってるわね」
「でも後ろの方は紙のお面だよ」
「怖いね(笑)」

特別審査員の紹介
「澤の後ろにまだお面をつけている人がいる」
「もう取れよ」
「日馬富士の後ろの人は見えなくて気の毒だね」
「きっと、関係者だから大丈夫だ」

★AAA 777 We Can Sing A Song!
「なんで紅白に出場できるの?」
「左の子が『梅チャン先生』に出ていた。」
「平清盛の弟もいる」
「なるほど」

★ディズニー特集
「Perfumeが青赤だね」
「ちょっとうれしい」 ← FC東京サポーター

★HY 一番近くに
「いい歌だね」
「結婚式ソングになるね。覚えたら?」

★水森かおり ひとり長良川
「うわっ!巨大な氷いちごみたいだ。」
「小林幸子、危うし!!」
「ラスボス交代かな?」
「幸ちゃん頭にきて、今頃テレビのスイッチをブチンと切っているかも。」
「みんな小林幸子の落選で、空いたポジションを狙っているんだよ。」
「芸能界は怖い世界だね。」

★ナオト・インティライミ Brave
「トータルテンボス大村に似ている」
「たしかに」

「堀北真希チャン、カンペばかり見ているわね」
我が家の視聴者は厳しい

★西野カナ Go For It!!
「明るい歌だね。西野かなっぽくない。」
「以前は失恋ソングで、会いたい、会いたいと言っていたのに、最近は会いたいと言わなくなったらしいよ」
「立ち直ったんだね」

★ももいろクローバーZ ももいろ紅白だZ
「モノクロのももクロもいいね」
「もう一人、青の子がいたんだけど、脱退した途端に売れたのが切ない」
「あかり~ん・・・」

★徳永英明 上を向いて歩こう
「下を向いているよね」

★斉藤和義 やさしくなりたい
「いいね」
「由紀さおりの『夜明けのスキャット』の後、渋いロックバラードになるこの流れが
紅白歌合戦らしくて面白いね」
「うん、いい」

★坂本冬美 夜桜お七
「歌詞間違えた?」
「今年も出たか」
「こういう歌。カラオケで歌えるようにしようかな」
「オヤジに受けるよ」

★美輪明宏 ヨイトマケの唄
「あれ。髪の毛が黒い、違うね」
「もともと、こうだったのよ」
「あ、土方って歌っちゃったね。NHKやるなぁ」
「土方って何?」
「肉体労働者、肉体労働者の唄なんだよ。」
「へえ~、これ生で見たらきっと鳥肌たつよね」

★矢沢永吉 It's Up To You!
「やっぱりかっこいいなぁ」
「こんな、63歳いないよね」
「おじいちゃん向けの歌が少ないというけど、永ちゃんもおじいちゃんだよ」
「63歳はお年寄りじゃないんじゃない」
「たしかに、日本の人口の23%が65歳以上だっていうし。
これって世界的に観て特異な人口構成なんだよね。」
「そうだよ、お年寄りがもっとお金を使ってくれないと。
私たちの給料が上がらないし、子供を育てられないよ」
「そうだよな、子供が減ったら日本が滅んじゃうよな。」

話が広がってしまいました。
永ちゃんの影響力は依然大きい。

★MISIA Everything
「MISIAの本名って、伊藤美咲なんだよね」
「そんな情報いらないよ。知っているし」
「映像がきれい」
「歌うまいなぁ」

★YUKI プリズム
「ありゃ、頭に星が・・・」
「ききららみたいになってる。」


というような感じでして、

白組勝利で、あっという間に除夜の鐘がゴーーーーン

になってしまいました。

個人的には、
ももクロ、MISIA、いきものがかり、がよかったです。
ただ明るい話題のほとんどがロンドン五輪だったのはややさびしい。
あと、山中教授のノーベル賞くらいしかないもんなぁ。

朝ドラ「梅ちゃん先生」は、出演者から主題歌の作曲者まで呼びながら
大河ドラマ「平清盛」は無視?
むしろ「龍馬伝」の方をクローズアップ。
少し気になりましたが、どうでもいい話です。

芸人乱入パターンを抑え、
良質な音楽番組に仕上がっていたのでOK

面白かったです。

以上。

本年もよろしくお願いいたします。m(__)m


メッセージを送る