So-net無料ブログ作成
検索選択

今さらKIRINJI [音楽]

独立した娘がクルマのMUSIC BOXに残していった
KIRINJIのアルバムを無意識にリピートするうち、
「心晴れ晴れ」という作品をヘビロテするようになってしまいました。


今さらキリンジですが、

KIRINJIについては、21世紀になったばかりだったでしょうか

まだ兄弟デュオのカタカナで「キリンジ」だった頃。


何気なく視ていた音楽専門チャンネルで「アルカディア」のPVが流れまして、

最後にキリンジの二人がテロリストに車ごと爆殺されてしまう

衝撃的な内容にびっくりしました。
バスク解放戦線とか、こんなPV洒落にならないでしょ、というのが第一印象でしたが、


曲の方は、哀愁を帯びた美しいメロディーラインや効果的な変拍子の使い方とか、
この人たち才能あるなあ~、と感心しました。

以後お気に入りの一曲になっていました。

しかし、そのときは特にほかの作品まで聞こうとは思いませんでした。
当時、「キリンジ」という兄弟デュオは、
60年代、70年代の洋楽や邦楽にどっぷり浸かった世代には
バイアスがかかりやすかったんですよ。


まず、堀込兄弟の弟さんの声から、いやでもオフコースを連想してしまう。
椎名林檎のファンが、デビュー時の矢井田瞳に覚えたような

二番煎じに対する嫌悪感みたいなものは否めませんでした。

別にオリジナルがあるのだから、こっちは深入りしなくてもいいや、と

前に一歩出たが、ポジティブな二歩目は踏み出しませんでした。


次に「キリンジ」というバンド名、
長く生きている日本人が「きりんじ」という単語から連想するのは

先端的なポップミュージックのイメージとはほど遠い

二所の関部屋の元関脇 「麒麟児」ですよね。


つっぱり勝負なら、バンド名は「富士櫻」でもいいじゃないかとか、
我々の世代には彼らの記憶が強烈すぎて、

音楽好きな年配者でも、「キリンジ」という響きからは
下町的な泥臭いイメージしか沸いてきません。


それが面白いという見方もできるけど、
正直、オジサンたち、オバサンたちには
絡みづらいバンドだといえるかもしれません。


そうは言っても、

最近,個人的にはそういう偏見が取り払われ

彼らの作品をいろいろ聞いています。

いやぁ~、いい曲が多いです。


転調、変態コード進行、変拍子その他実験的な面白い作品があって
これまで食わず嫌いのようになっていたことを、

やや悔やんでいます。


当初の「心晴れ晴れ」は割と最近の作品ですが、

「冬のオルカ」「君の胸に抱かれたい」「双子座グラフィティ」など

特に初期のものが、耳に残ります。

中でも「Drifter」なんか、俺はなぜこの曲を今まで知らなかったのか

と、後悔してしまうほどの名曲じゃないすか。

ほかにも,個人的には骨太ロック風の「荊にくちづけを」がど真ん中のストライク


いきなり、「女の子のヒップは白くて冷たい」とか出てくる歌詞の変態っぽさなど、
大衆迎合しない潔さにも、拍手を送りたいと思います。

だから、オリコン上位になかなか食い込めないのかな?


でも、なんかもったいない。

もっと、彼らの作品が世の中に知れ渡ってもおかしくない。


ちょうど今、TVのCMで「エイリアンズ」が流れているし、
彼らの作品のクオリティの高さは間違いないし、

もしかしたら、来るのはこれからかも・・・


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感
メッセージを送る