So-net無料ブログ作成

比治山へ上る [街歩き]

陸軍の被服廠を観たあとは北にある小山
比治山へ行ってみることにしました。

比治山は標高70m、
東京にも愛宕山という小高い山がありますが、
こちらは26mだからその倍以上の高さになります。

雨の中だから、山登りはきついと思い、
地図をみると、路面電車が走る西側ではなく、
その反対側に、スカイウォークという施設がある。

そこで、被服廠から、北へ歩いて約15分 

102.jpg

ショッピングセンターの二階から直結した

動く歩道に、エスカレーター

無料でいいのかなとおもうほどの、立派な施設だが、
人がいなくて閑散としている。

こりゃ、めっちゃ楽だけど、
エレベーターでよかったんじゃないの?

103s.jpg 104s.jpg

スカイウォークを上りつめ、
右へ歩くと、

広島現代美術館があります。

105s.jpg 106s.jpg

サイト=ヒロシマ と題し
広島をテーマとしたアートを集めた特別展が開催されていました。

ただ、私のような俗物には、
段ボールの塊や、傾いた棚などは、よくわからないです。

110.jpg

しかし、美術館の正面の下の広場に設置されている
このヘンリー・ムーアの作品は、
不思議な力がありますねぇ。

107.jpg

アーチの下から見上げると、

時空が歪んで感じます。

109s.jpg 108s.jpg

美術館の周囲には彫刻が置かれた小道がありますが、
この日は人影がありませんでした。

左は船越保武作「EVE」(1986年)
右は佐藤忠良作「ポケット」(1984年)

111m.jpg 112m.jpg

美術館の下にあるまんが図書館

中は人でいっぱいでした。

113.jpg

比治山から観たマツダスタジアム。

114.jpg

北側の崖を下ったところにある明泉寺。

山門は原爆の爆風を受けた
被ばく建物の一つに登録されていますが。
お寺の建物とアンマッチです。

比治山は、
その東側と西側で大きく明暗が分かれたと聴いています。
西側はもろに爆風を食らい、東側では比治山が壁になり、
影響が少なく済んだという話も聞いています。

 

115.jpg

そんな68年目の広島をぶらぶら歩いてみました。

116.jpg


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

広島陸軍被服支廠 [街歩き]

週末、広島へ行きました。

広島には、以前から行きたいと思っていた場所がありまして...
ただ、この日はお天気が悪く、
傘をさして、カメラを提げてのお散歩は、体力的にきつい。

しかし、めったにない機会なので決行しました。

012.JPG

広島駅から広電5番に乗り、猿猴川を渡り、
皆実町六丁目で下車。

交差点から東へとテクテク進むと、

こう言っては失礼ですが、
街外れ感漂う、殺風景な交差点に着きました。

下の写真、遠くに見えるのは比治山。

001.jpg

こんなところに、遺跡のような建物はあるのだろうか、
道を間違えたかな?

そう思いながら、裏通りに入ると、
住宅地の一角に、その巨大な建物は忽然と現れました。

002.jpg

元広島陸軍被服支廠。

004.jpg

被服廠とは、軍用の服や靴などを製造する工場のことです。

広島の被服廠は、1905年(明治38年)開設、
軍服、軍靴、マント、飯盒、小刀まで
陸軍で使用する物資を広く降り扱っていたそうです。

現存している4棟の建物は、1913年(大正2年)の竣工だから
今年が、建てられてちょうど100年目。

記念すべき年なんですが。。。 

005.jpg

第二次大戦後、敷地の多くが公務員宿舎用地や学校用地に転用され、
被服廠の建物は、4棟を残し解体されてしまいました。

残った4棟のうち1棟は学生寮で使用され、
残り3棟は日通の倉庫になっていたそうですが、

現在は未使用状態になってしまっています。
要は廃墟状態。

006.jpg

現在は県が所有し、
過去に再利用のアイデアがいろいろ出たものの、、
維持費、耐震補強の費用などがネックとなり、
なかなか、いい利用方法が見つからないとのことです。

007.jpg

それにしても、長い直線の道路に沿って、
古くなったレンガの建物が連なっている風景は壮観です。

今のままでも、十分観光地として行けますよ。

008.jpg

被爆建物

特に、原子爆弾の爆風で歪んだという窓の鉄製扉が、
そのまま残っているというのが生々しい。


011.jpg

大戦から70年が経過し、
当時の貴重な建物、戦争の貴重な資料が、
住宅街の中に無造作なまま残されていることに驚きますね。

建物の中を見られないのは残念でしたが、
外観だけでも十分に見る価値があります。

是非、保存してもらいたいです。

009.jpg


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

新発田城 [街歩き]

村上駅から各駅で35分、新発田駅で途中下車、

新発田城を観光することにしました。

新発田城は、新潟県で唯一
江戸時代の城郭が現存している城だそうです。 

059.jpg

新発田駅から新発田城まで、徒歩で約25分。
雨の中を歩きました。

途中、寺町という場所を通過。
藩主の溝口氏が寺社を保護したこともあり、
立派なお寺が並んでいます。

太平山 瑞雲寺
新発田城の城主、溝口秀勝の奥方が開基したというお寺

052.jpg

 

廣川山 真称寺
浄土真宗本願寺派で、
800年以上の歴史を持つ由緒ある寺院だそうです。

053.jpg


久栄山 蓮昌寺
日蓮宗のお寺で、このお寺も700年の歴史があるそうです。

054.jpg

 

松見山 法華寺
1598年(慶長3年)創立の日蓮宗の寺院
この寺院は、営業力に長けてそう。

055.jpg

056.jpg

これらのお寺が、
通り沿いに一列に並んでいます。
いずれも立派なお寺です。


次は、新発田市民会館の敷地内にある
蕗谷虹児記念館。 

蕗谷虹児(ふきやこうじ)って誰よ?

おそらく、新発田市民以外はこんな感じですよね。
私も不勉強でして・・・。

蕗谷虹児は、大正から昭和にかけ、
イラストーター、デザイナー、作詞家など
多彩な才能を発揮した、今で言う売れっ子アーティスト。

♪金襴緞子の帯締めながら・・・

「花嫁人形」の作詞家、
といわれれば、あ~そうか、となるわけですが、

057.jpg

実は、帰宅してから知ったのですが、

毎年、新発田で蕗谷虹児に因み「花嫁人形」合唱コンサートが開かれていて、
うちの娘がその催しに参加したことがある 
という衝撃的事実があったにもかかわらず、

何も知らずにオヤジがうろついていたようです。
新発田とは縁があったようです。

058s.jpg 073s.jpg

お城に近づくにつれ、駐車場や空き地に
ここに門があった、櫓があった
という案内板が現れます。

城内のかなりの部分が、市街地として、
利用されていることが、よくわかります。

071.jpg

お城に到着。

上は平成16年に復元された辰巳櫓

で、下が表門です。

061.jpg

表門と道路を挟み、
堀江安兵衛の銅像が立っています。

堀部安兵衛こと堀部武庸は、赤穂浪士四十七士の一人

剣客として知られ、
もしも江戸時代に四十七士選挙があれば、
確実に神7の上位に来るであろう人気者。

新発田藩溝口家の家臣の家に生まれ、
名家の生まれだったのに、
父が浪人の身になり、

孤児になって奮闘
赤穂藩浅野家家臣 堀部金丸の養子に迎えられ

その後は、果たし合いの助太刀で、
岩本町から高田馬場まで走ったり、

忠臣蔵の好きな方には、おなじみの人物。

赤穂浪士なのに、なぜ新発田なのか。

以上の経緯があるわけですが、
新発田城は父親が追い出された藩の城で

門の前でおのれ~コノヤローという
感じで立っているように見えます。

060.jpg

新発田城は入場無料。

表門を入ると、すぐ正面に塀がみえます。
あれ?あまり広くない。

ボランティアの方からは、
塀の向こうへは絶対に行かないでください
と注意されました。

なぜならば、

062s.jpg 063s.jpg

 

塀の向こうは自衛隊。

ボランティアの方によれば、城の敷地の大半が、
自衛隊の駐屯地として使用されているとのことでした。

新発田城は、戦国自衛隊の城、
と呼ばれていますが、

確かに。

これはこれで面白いです。

064.jpg

辰巳櫓は、
平成に復元した櫓で、新しくてキレイ。

ただ、歴史は感じられませんねぇ。

065s.jpg 067s.jpg

こちらは、二の丸隅櫓

質屋のお蔵みたいな感じでした。

069.jpg


新発田城には天守がなかったそうで、

その代わりを果たしたのが、三階櫓

こちらも平成になってから復元された建物ですが、
内部は公開していません。

仮に公開されても、
石垣に沿って自衛隊駐屯地と隔てる塀が設けられており、
三回櫓に行くためには濠と塀との間の
細い通路を伝っていかないと行けないようです。

072.jpg

雨が激しくなっていたので、
駅の方へ戻ることにしました。

新発田には他に、長徳寺や足軽長屋など
観光施設がありますが、
それは次回ということにして、

駅へと続く商店街を歩きました。

土曜日のお昼だというのに、人がいません。
地方都市でよくみる風景ですが、
ここは規模が大きいですね。

075.jpg


村上でも思ったのですが、

新潟にはアルビレックス新潟というサッカークラブがあり、
そのホームゲームに、多くのビジターが押しかけます。 

浦和レッズ、FC東京あたりのサポは、
結構な人数が来て、地元にお金を落として行くから、

新潟の近くの市町村も、
それに乗っかればいいと思うんですよね。

試合に合わせ、ビジターサポ向けに
うまいものを食べられるぞとか、
安く泊まれるぞとか、
もっと発信したらいいと思います。

新発田は新潟から近い。

お城はあるけど、
町に元気がないし
正直、村上よりつまらないです。

何となく、方法論を間違えているような気がします。

051.jpg


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

村上散歩 [街歩き]

週末、新潟県の北端、村上へ行ってきました。

村上は、城下町として栄えた場所。

001.jpg

古い町並みがあって、散歩によさそうと思い選択しましたが、
一週前が「村上大祭」で、この日はまさに祭りのあと

タイミングとしては最悪でした。

いずれにしても、新潟行きはサッカー観戦が目的、

ただ、新潟市内は、何回も行って観光する場所はないんですよね、
で、今回は別のところへ行ってみようと思い、

金曜の深夜、新宿を出発する高速バスに乗り、

101.jpg 102s.jpg

新潟駅へ到着したのが早朝6時半。

試合のキックオフは夕方7時ですから、
時間はたっぷり。

6時48分新潟発、羽越本線の各駅停車村上行き。

103s.jpg 104s.jpg

天気予報は雨。
特に新潟県北部には大雨注意報が出ていたので
電車が止まって帰れなくなったらどうしよう、
とやや心配になりましたが、

何とかなるだろう

と、列車に乗り込みました。

早朝ということで、新潟駅からの乗客はわずか10人ほど。
途中から、村上市内の高校の生徒が乗ってきましたね。

車窓から見る新潟の空は、
厚い雲に覆われ、景色はあまり楽しめませんでした。

108s.jpg 109s.jpg

時間通り、7時59分に村上駅へ到着。

村上市の知識がないので、パンフレットを貰おうと、
観光協会へ向かいましたが、時間が早すぎて開いていない。

仕方ないので、地図を見ながら
東へ、町の中心部に向かい、歩くことにしました。

002.jpg

目についた断幕には、「歩いて回ってくれっしゃ」。

自信に満ちた(?)その言葉に、
散歩好きの期待感が膨らみます。

果物屋さんのテントには、
盛籠、盛詰、調整
一般庶民向けの用語ではありませんが、
何となく懐かしい 

003s.jpg 004s.jpg

歩き始めて約15分、町の中心部に来ました。

数百メートルある南北の通りに沿って、
商店が並んでいます。

北から小町、大町、上町と呼ぶそうで
塔のある田村酒店さんがあるのは上町

いい雰囲気じゃないですか。

007.jpg

古い昭和のアーケードがあるのは大町。
まだ、お店が開いていない。

008.jpg

懐かしさを覚える風情のある建物が並んでいます。

009.jpg

町の北を流れる三面川は、
サケが遡上することで有名。

江戸の時代、
村上藩は鮭に目をつけ、産業として発展させ

現代でも鮭は村上一押しの土産物です。

010.jpg

人形巡りなど、
観光協会のお薦めコースを後で知りましたが、

そんなことにはお構いなく
行き当りばったりで、細い裏道などをウロウロ。

011.jpg

村上では、景観の復元活動をしているそうです。

まだ、途上という感じですが、
小町通り周辺は、江戸~明治時代の雰囲気が残っています。
というか、そういう雰囲気に整備しつつあるというべきか。

美術館になっている旅籠門、茶仙茶屋さん

012.jpg

井筒屋さん、いいですよね

013.jpg

第四銀行の駐車場。ここのカーブもいいです。

014.jpg

三の丸記念館は、明治末期の建設で、
かつて第四銀行村上支店の店舗に使われていたものだそうです。

この日は休館でした。

015-2.jpg

となりの村上歴史文化館
藩に関する歴史資料や、生活用具、明治時代の教科書などが展示されていました。

025.jpg

026s.jpg 027s.jpg

同じ敷地内にある重要文化財、若林家住宅。

村上藩のお役人の家を復元したものだそうです。

028.jpg

正直言いまして・・・

建築に詳しくないので、
田舎でよくある建物にしか見えません。
すいません。

029s.jpg 030s.jpg

三の丸からさらに東へ歩きまして

017.jpg

まいづる公園へ行ってみました。

024.jpg

まいづる公園には、村上藩の武家屋敷が復元展示されています。

旧 岩間家住宅

021.jpg

こちらが旧 藤井家住宅 

018.jpg

フラッと出かけた観光者には

雅子妃の曽曽曽祖父が村上藩の藩士だった
とか言われても

価値がよくわかりませんねぇ。

意外に質素です。

022s.jpg 023s.jpg

村上は城下町ですが、
城山に天守がありません。
やはり、天守があるとインパクトがありますよね。

雨が激しくなってきたので、山登りは控えることにして、
再び、町の中心部に戻ってきました。

これも後で知りましたが、
黒塀プロジェクトという市民活動があるそうで、
コンクリートやブロックの塀を黒塀へと復元しているそうです。

037s.jpg 036s.jpg 

さらに、徹底したらいいですよね。

アクセスは新潟から1時間程度だし、
町の魅力を挙げれば、新潟遠征に来る、東京や浦和のサポーターを
呼び込めますよ。

滞在時間は3時間ほどでしたが
散歩するにはいい街だなと思いました。

ただし、もっと涼しい時期がいいです。

033s.jpg 032s.jpg

で、サッカーファンはグルメが多いから、
村上牛を食わせましょう。

私が寄ったやま信さんは、開店が午前10時。

村上牛牛丼や焼肉定食など、
お値段も1000円前後でリーズナブルでした。

村上牛は霜降りが多く、柔らか~。

来年の新潟遠征に行かれるかたには、
村上おすすめです。

005s.jpg 035s.jpg

034.jpg


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

晩翠草堂 [街歩き]

仙台街歩きシリーズ? 

最後は晩翠草堂です。

0080.jpg

仙台城跡から、市の中心街へと戻ってきました。

仙台は戦時中、アメリカ軍による残虐な空襲を受け
中心部は焼け野原になってしまいました。

ヨーロッパでは、焼失した街を復元する思想、文化がありますが、

日本は復興という名のもとに、
全く別の景観の街にしてしまうケースが多いです。

そんなこともあり、仙台市の中心部には
歴史的な建築物がほとんど見当たりません。

0082.jpg

そんな中、
近代的なビルが立ち並ぶ繁華街に
異彩を放つ木造家屋があります。

晩翠草堂。

晩翠は、仙台出身の詩人、土井晩翠のこと。

♪はるこ~ろ~ のはなのえん

あの有名な「荒城の月」の詞の作者ですね。

また、全国の校歌には、
晩翠の手による詞がたくさんあります。

0083s.jpg 0084s.jpg

草堂とは、自分の家の謙遜した言い方。
一人称を「小生」や「それがし」と呼ぶようなものですね。

要は、晩翠さんち です。

昔、土井晩翠の「土井」は、
「つちい」と読むのだと教わりました。
でも「どい」でも正しいんですね。

本人は土井(つちい)家の長男として生まれましたが、
あまりにも、みんなが”どい””どい”いうもので、
昭和初期に、もう”どい”でもいいや、と、

「つちい」を「どい」に改称してしまったのだそうです。

0085s.jpg 0086s.jpg

草堂は、第二次大戦後に建てられたもので、
晩翠が晩年を過ごした和室が、
そのまま保存されています。

晩翠は3人の子供、夫人、家族全員に先立たれてしまい
余生はさびしいものだったようです。

観覧無料。

訪問者が少ないのかな?
私が訪問した時は、管理人さんが油断していて、
慌てて出てきて、ラジカセの再生ボタンをプッシュ。
急に「●●記念館」ぽくなりました。 

庭を望む、廊下の窓ガラスは、
景色が少し歪む昔のままのガラスです。

これって貴重ですよね、
よく、地震で割れなかったものです。

0087.jpg

晩翠草堂から歩いて3分ほど 

奥州街道と、城から東へ伸びる幹線道路の交差点
「芭蕉の辻」と呼ばれる場所があります。

芭蕉といっても、松尾芭蕉とは無関係だそうです。

江戸、明治の時代は、ここが街の中心だったわけですが、
現在は、記念碑のほかには、特に見るべきものはありません。

0089.jpg

おまけ画像は、
そばぜんざいと牛タン

0091s.jpg 0092s.jpg

歩きすぎて、腹が減りました。

0090.jpg


nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

仙台城址 [街歩き]

伊達さんです。 

0076.jpg

仙台市内をてくてくウォーキング
愛宕橋から、広瀬川の上流へ向かって北上
仙台城址へ到着しました。

初めての仙台なら、ここを訪れるのは定番。

0063s.jpg 0064s.jpg

私は、仙台は初めてではないし、
仙台城も過去に訪れたことがあるし、
ベタな観光スポットへは一回行けば十分、

とはいえ

お天気がよく、
歩いている途中、ビルの谷間から見えた雪山が気になりまして
高いところから仙台市街を眺めてみたくなりました。

その前に、仙台市博物館で休憩を兼ねお勉強。

0065.jpg

仙台城は仙台藩初代藩主、伊達政宗公が、
慶長年間に築城したお城。

ということは、完成は約500年前

以後、明治政府により廃藩置県が発令されるまで
伊達氏の居城となっていました。

政宗公が青葉山に築城した理由は諸説あるそうです。

いくつかの候補の中からこの地が選ばれたとのことですが、
選定にあたって家康の承認が必要だったようで、
徳川幕府が深く関与していたようです。

0067.jpg

国府がおかれた多賀城や国分寺の場所は、
もっと海岸に近いのに、
わざわざ青葉山を選んだ背景には

広瀬川が自然の濠になる地勢で、
仙台の街が一望でき、殿様の威厳が示せる、等

いろいろ、軍事的、政治的理由があったようです。

青葉山には、もともと国分氏の城があったそうで、

3.11を目の当たりにした後だけに、
自然災害への対策も意識にあったかもしれないな、
とか想像してしまいます。

0066.jpg

多くの大名が天守を建設する中、
仙台城には天守閣がなかったそうです。
流行に流されなかったんですね。

お城らしい建物といえば、
今は、大手門跡にある櫓だけ。

この地に建てられていた大手門は、
空襲で焼失してしまい、
今後、復元する予定と聴いています。

0067-2.jpg

以前は、大手門から山の上の天守台まで、
クルマで上ることが出来ましたが、
現在は震災時に石垣の一部が崩れた影響で、
通行止めになっています。

ただし、歩いて通れます。

逆に、閑散としているので、
当時の城内の雰囲気を感じたいなら
今のうちかもしれません。

博物館の裏から、急な山道を昇る行き方もありますが、
こちらは結構きついっす。

0068.jpg

えっちら、おっちら、もうすぐ天守台

あれ?なんで鳥居があるの?

と不思議に思うわけですが、

仙台城は、
仙台藩が戊辰戦争で官軍に敗れ、
占領されてしまったんですね。

以後は明治政府によって軍の施設が置かれ、
戦没者を祀る神社が建てられ・・・

もしそれらの施設がなければ、
大手門も空襲に遭わなかった?

事情は複雑です。

0069.jpg

さて、天守台のあった本丸へと上がりましょう。

戦没者の慰霊碑があるのは、
上記事情からです。

0071.jpg

さて、お目当ての景観は・・・ 

おおお、見えました、雪山が。。。

北西方向

0072.jpg

雪山は船形山でした。
山形県との県境となる山で、山形側では御所山と別の名で呼ぶそうです。
遊びで、仙台×山形のサッカーの試合で勝った方が、
相手に自分たちの山の呼び方を強制できるルールにしたら面白いかもしれませんね。

その右は泉ヶ岳、

0077.jpg

さらにひときわ目立っているのは仙台大観音

0078.jpg

南東方向は仙台の繁華街と、遠くに太平洋が・・・

0073.jpg

うわー!海が見える 

という感動はなく、
違う形で心が揺り動かされます。

0075.jpg


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

広瀬川 [街歩き]

♪ 広瀬川 流れる岸辺 

0051.jpg

陸奥国分寺から西へ。

いい天気だし、
青空と広瀬川の景色が見たいと思いました。

途中気になる看板をパチリ。
「せいわようちえん」「カニトップ」、

弱かった時代のベガルタ仙台を思い出しました。

0041s.jpg 0042s.jpg

歩いて歩いて、

桜に惹かれて寄ってしまったお寺

昌傳庵。う~ん、きれい!

0044.jpg

昌傳庵は、伊達家が米沢を治めていた時代
1506年、米沢で開創された由緒あるお寺です。

伊達政宗の仙台転封に伴い、
この地に移転してきたそうです。

さて、目的地の広瀬川
愛宕橋から南東の方角を眺めました。

0047.jpg

愛宕橋の近くには、古墳時代の横穴の墓の跡があるんですね。

第二次大戦中は防空壕に使われ、
その後住民の物置に使われたり、
保存状態はよくないようです。

ひと気がないし、今もほったらかし、という感じです。

0046.jpg


この横穴墓跡がある崖の上に、
愛宕神社がありますが、
ここまでかなりの距離を歩き、山登りが辛くなってしまいました。

川原を北へと進むことにしました。

0048.jpg


なんか、都会のど真ん中を流れる川とは思えませんねぇ。

自然が豊か・・・ありゃ?

道がないぞ。

橋もない。


0049.jpg

仕方がない。

一旦引き返し、愛宕大橋を渡り、

川の東側へと回りました。

0050.jpg

東北学院大学のキャンパスを眺め、

てくてく歩くと

大きな松の木。

0053.jpg

松源寺。

1521年に創建された曹洞宗のお寺で、

この大松が有名だそうです。

さらに北へ

0054.jpg


霊屋橋を渡ると、瑞鳳殿の入口になります。

0055.jpg

0056.jpg

伊達政宗公の霊屋。

有名な観光スポットです。

実は以前訪れたことがあります。

0057.jpg

今回、山登りする根性がなかったので、

以前訪れたときの写真を張っておきます。

003s.jpg 004s.jpg

右上が瑞鳳殿、政宗の他にも
二代忠宗、三代綱宗の霊屋もあります。

006s.jpg 007s.jpg

広瀬川は瑞鳳殿のある山をぐるりと
取り囲むような形で蛇行。

0058.jpg

新評定河原橋を渡りまして

0059.jpg

さらに北へ

ここにも伊達家に関連する施設がありました。

伊達家伯記念会
文化財の収集や遺跡の管理などを行っている団体らしいです。

0060s.jpg 0061s.jpg

さて、青葉通りに出ました。

大橋を渡れば、青葉城です。

0062.jpg


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

陸奥国分寺 [街歩き]

クリネックススタジアム宮城から南へ歩きます。

今回の仙台街歩きの目的地の一つ、
陸奥国分寺に到着。

0024.jpg 

国分寺は、741年(天正13年)、
聖武天皇の詔により、国家鎮護のため、
宗教機関として国ごとに設置されました。

陸奥国分寺もその一つ、
設置された場所としては最北に位置しています。

奈良時代は、大地震、飢饉、疫病、豪族の反乱など
日本はありとあらゆる国難に襲われました。

祟りや呪いが幅を効かせていた時代、
仏の力で国を鎮めようと国家的大事業になったわけです。

0022.jpg

陸奥国分寺は、建立された当時
東西240mにも及ぶ大伽藍や、七重塔がある
大規模な寺院だったそうです。

しかし、869年の貞観の大地震で被災、
934年には七重塔が落雷で焼失、
以後衰退し、戦国時代には、荒れ放題になっていたようです。

17世紀になり、伊達政宗が、25坊ある大寺院として再建。
政宗が朝鮮遠征した際、国分寺の薬師如来の御加護を受けたとかで、
その返礼と伝えられています。

現在の建物は其の当時のもの。

こちらが正面、薬師堂仁王門。

0023.jpg

八本の柱のある、八脚門。
茅葺の屋根は入母屋造

詳しくはわかりませんが、江戸時代の特徴ある建築様式だそうです。

0019.jpg


鐘楼。

周りの桜が美しいです。

0021.jpg

0017.jpg


国分寺薬師堂

慶長11年(1607年)、
伊達政宗によって、国分寺金堂跡に再建されました。

0032.jpg

梵字でしょうか?

0016.jpg

0015.jpg

準胝観音堂。

こちらの建物も、焼失していたものを
江戸時代に再建したものだそうです。

0014.jpg

ほとんどの建物が、江戸時代以降のものとはいえ、

東日本の都市で、
奈良時代を感じることができる場所は
国分寺くらいしかありません。

そういう意味では貴重な宗教施設です。

0013.jpg

ここが現在の国分寺。

真言宗のお寺になっています。

0011.jpg

奥が本堂、大塔はコンクリート造りで高さ21m。

ちょっと味気ないです。

0012.jpg

さて次の場所へ向かおう 


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

夜行バスで仙台へ [街歩き]

0026.jpg 

4月12日、13日の週末、夜行バスで東京と仙台を往復しました。

近年、サッカー観戦にかこつけて、
知らない街を歩くのを楽しみにしていますが、

さすがに、夜行バスは年齢的なものもあり、
身体がしんどくなってきました。

ボチボチ卒業しようかなとも思いますが、
夜行バスなら、そこそこいいシートでも
新幹線の半分の料金で移動できる。

そして、何よりも、一日を有効に使えるのが魅力。

というわけで、
24時に新宿を出発、早朝6時半に仙台駅に到着。

0025.jpg

とりあえず、仙台宮城野通りを東へ歩きだしましたが、
人影はほとんどなし。

0003.jpg


東京では散ってしまった桜が、
仙台ではこれから。

もうすぐ満開という時期でした。

きれい!

0004.jpg

仙台駅から東へ走る宮城野通りは、

東北楽天イーグルスの本拠地
クリネックススタジアム宮城へ一直線に続く道。

0031.jpg

試合の日は多くの楽天ファンで賑わうのでしょうね。

意外と通りの周辺にお寺が多いと知りました。


0027s.jpg 0028s.jpg

そんなこんなで、お寺の建物を眺めながら、

宮城野通りを突きあたり、陸上競技場の建物・・・
より先に目についてしまったのが、
交番のサンドウィッチマンのポスター。

万引きは、絶対ゆるサンド!!

サンドウィッチマンは、今や仙台のスーパースターですかね。

伊達といえば偉大なお殿様だし、
富沢は地下鉄の終着駅
二人とも仙台ゆかりの苗字なんですね。

0001.jpg

0030.jpg


さて、最初の目的地。

クリネックススタジアム宮城に到着です。

0029.jpg


かつては仙台宮城球場と呼ばれ、
古い話ですが、一時ロッテがホームスタジアムに使っていましたね。

監督が金やんのときは、ずいぶんと盛り上がっていました。

0005s.jpg 0006s.jpg

現在は東北楽天イーグルスの本拠地。
今年はここまで3位。

いろいろありましたが、チームが仙台の地に根付き、
パリーグファンとしてはうれしい限りです。

0002.jpg

つづく


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

堺プチ寺巡り [街歩き]

堺旧市街の続編です。 

030.jpg

堺の町は、
紀州街道を挟んで、
それぞれ町名の末尾に東西が付きます。

前の記事の山口家住宅があるのが、錦之町東
そこから南へ、柳之町東、九間町東、神明町東、宿屋町東 
と続きます。

●●西、や●●南など、方角を町名の下につける習慣は
東京にはありませんね。
興味深いです。

で、その堺
番地が●●東となっているあたりには、
由緒あるお寺が並んでいます。
ちょっとしたお寺巡りができます。

というわけで、駆け足で観光しました。

まずは、浄得寺

聖武天皇の勅願で743年に建立されたと伝えられるお寺で、
かつては、海岸近くにあり、たいそう規模の大きなお寺だったようです。

七道という地名の由来も、
浄徳寺が七堂伽藍(金堂、塔、講堂、鐘楼、経蔵、僧坊、食堂)を具備していたことから
その名前がついたという説があるそうです。

以上、案内版から引用。

051 浄徳寺.jpg

お次は、日蓮宗 月蔵寺

032.jpg

明応4年(1495年)の開創。
1543年、堺の豪商 油屋常言の寄進を受けて、この地に建立。

033.jpg

宗泉寺

山門が古く、いい感じのお寺ですが、
由来などはよくわかりません。 

052 宗泉寺.jpg

浄念寺

文明4年(1472年)の開創
コンクリのビル

063 浄念寺.jpg

本覚山 経王寺

053 経王寺.jpg

十輪院

伽羅陀山(からだざん)十輪寺は、天文9年(1540年)の建立。
境内に南北朝時代の貴重な資料である塔波があるそうです。

062 十輪院.jpg

覚応寺

伊予の豪族、河野通有の子通元が、本願寺覚如上人に帰依し、
覚応と名乗り、正中2年(1325年)日向霧島山のふもとで開創。
その後、数代を経て堺に寺地を持ち、覚応寺となったとのこと。

ゆかりの人物は与謝野晶子、与謝野鉄幹。
境内には与謝野晶子の歌碑が建てられています。、

035.jpg

 

034.jpg

さて、お次はこの古い門のあるお寺。

036.jpg


本願寺堺別院

文明8年(1476年)に、蓮如上人が堺木屋町に建立した信證院に始まり、
享保13年(1728年)現在地に本堂を落成したが、70年後に火災で焼失。
現在の本堂は文政8年(1825年)に再建されたものだそうです。

054 本願寺.jpg

規模の大きな本堂で、
本堂内には、南蛮貿易の様子が描かれた襖絵があり、
貿易都市堺の繁栄が伺えますね。

039.jpg

ゆかりの人物、蓮如上人、親鸞聖人
二人の銅像が本堂の前に向かい合わせで立っています。

040s.jpg 041s.jpg

善長寺

勝軍山善長寺は、天文18年(1549年)の開山。

戦国武将、三好政長の息子政勝が
父の菩提寺として開山したお寺です。
細川氏、三好氏あたりは、
関東の人間にはあまりなじみがないっす。

057 善長寺.jpg



妙國寺

永禄5年(1562年)の建立された日蓮宗の本山です。

044.jpg

織田信長は天下統一に、堺の商人の経済力を利用。
そんな関係もあり、寺の境内にある大ソテツも
一時安土城に移植されていたそうです。

徳川家康は、本能寺の変が起きた時、
ここに宿泊しており、急いで三河に逃れたとか、

歴史の舞台になった場所です。

 

046s.jpg 045s.jpg

また、慶応4年(1868年)には、
開港していない堺港に無断で上陸してきたフランス兵と
警備にあたっていた土佐藩士とのいざこざから
土佐藩士側が発砲、フランス人が多数死傷するという事件が起きました。

この「堺事件」は当時、大きな国際問題となってしまい、
責任を追及された土佐藩士のうち11人が、
妙國寺境内で切腹しました。

寺の前には、彼らを弔う石柱が建てられています。

043s.jpg 058s.jpg

彼らが葬られたのが、妙國寺の北側にある宝珠院

063 宝珠院.jpg 

切腹はフランス士官立会のもとに行われましたが、
11人が切腹した時点で、
フランス士官が耐えられなくなってしまったそうで、
もうやめてくれ!と中止になったとのことです。

烈士の墓は宝珠院の門の横にありました。

050.jpg

まだまだ歴史的な神社仏閣がありますが、

七道駅から堺東駅まで、2時間弱ではこれが限界でした。

堺市役所の展望台へも行きたかったのですが、
次の機会にします。

047.jpg


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感
メッセージを送る